もっしーなろぐ

①発達障害がある子供と家族のお出かけ情報②任意整理体験談③節約生活&副業的日常④公的制度や保険等々。色々雑記ブログ

病院や施設で働くときは、専門求人サイトを見よう!!

専門求人サイトはかなり便利!!

 

当たり前のことですが、どこかの施設に所属して月々ほぼ定額の副収入が欲しいと思ったので速攻インターネットで求人の検索を行いました。そりゃぁもう手当たり次第。

病院や施設系のお仕事だと、多数の求人検索サイトがあります。

    f:id:himawari0growing:20180115202507p:plain

 

求人検索サイトの良いところは、求人元の所在地域や最寄り駅とそこからの所要時間、お給料、勤務時間、常勤やパート、日勤や夜勤専従などの勤務条件をぱっと見で分かるように記載されていること。

知りたい情報を探して何度も上下にスクロールする必要がありません。

眼も疲れないし、気持ち的に焦っている時の心理的ストレスも少なく済みます。

登録して問い合わせると、求人広告会社の方がどのような施設なのがご丁寧に説明してくれることもあり、それから求人元に応募しようか検討することもできます。

また求人広告会社が求人元の会社のマイナス面もやんわりと教えてくれることもあります(「かなり忙しいところらしいんですよ~」etc...←折角教えてくれたのでここには応募しませんでした)

    f:id:himawari0growing:20170929195458p:plain

求人広告会社もきちんとしたところを紹介する会社だという太鼓判を必要としているので、変な職場を紹介することはありません!きっと・・・

少なくとも私はこれまで説明なしに変なところを紹介されたことはありませんでした。

どちらかというと、求人元との面接後に求人広告会社の担当者さんから「やっぱりあそこはやめたほうがいいと思うんですよー。私のカン(!!)なんですけど。なんだったら私から先方にお断りするんで、違うところを一緒に探しましょう」ということあったり。

応募者が就職後に「コンナハズデハナカッタ・・・涙」とならないように求人広告会社の方も一生懸命考えてくれるのです。

そしてなんだかんだで見つけることができた、施設系ショート夜勤と訪問看護夜勤のパートのお仕事。

それぞれ異なる求人広告会社から見つけました。

himawari0growing.hatenadiary.jp

 結果的には大変なことも時々ありますが、どちらも上司や同僚、仕事内容にも恵まれてとても良い職場で働くことができました。

    f:id:himawari0growing:20180209192709p:plain

夜勤パートを始めて、冬で1年を迎えます。

坐骨神経痛が悪化するというトラブルはありましたが、このまま特別なトラブルなどなければどちらも辞めずにあと数年は頑張りたいと思います。

あと、想定外のラッキーだったのですが、勤務開始後1ヶ月や3か月以上無事にお仕事を継続することができたら「就職お祝い金」という名目で数千円のお金が求人広告会社から振り込まれます。

全然そのことに関しては何も意識していなかった私ですが、春頃にそれぞれの会社から計4000円振り込まれていました。

    f:id:himawari0growing:20180119204757p:plain

働く場所に関しては色々な探し方がありますが、医療や介護職の方は是非、専門の求人サイトを利用してみてはいかがでしょうか? 

 

↓↓↓こちらは常勤でもパートでも派遣でも、日勤でも夜勤でも、病院でも施設でもイベント系でも様々なご要望に丁寧に向き合ってくれる会社です。私も登録しましたが担当の方が親身になってとても良い対応をしていただきました。とってもとってもおすすめです!

 

↓↓↓また福祉系資格をお持ち且つ福祉系就業経験がある方もこちらがおすすめです。面接に行く度に交通費を1000円負担してくれます。親切!!