もっしーなろぐ

①発達障害がある子供と家族のお出かけ情報②任意整理体験談③節約生活&副業的日常④公的制度や保険等々。色々雑記ブログ

比べてみよう!身体障がい者等級1級から3級の違いや受けられる支援のポイント5つ

himawari0growing.hatenadiary.jp

 

前回↑↑↑、万が一にでも自分が働けない身体になった際に受けられる年金や公的手当、保険や共済についてお話ししました。

その際に障害の程度によって受けられる保証の内容(金額)が大きく違うことが判明しました。

特によく上がったキーワードは「障がい者等級1級.2級」です。

今回はこの言葉について前回より詳しく解説していきたいと思います。

 

 

①身体障がい者等級1級とはどのような状態??

身体の機能障害または長期にわたる安静が必要な状態であり、人の助けがなければ自分の身の回りのことが出来ない状態を指します。

出来たとしても活動の範囲は家庭内に限られるであろう状態です。

 

具体的に言うと・・・

両目の視力の和が0.04以下、両耳聴力が100デジベル以上、両上肢の機能に著しい障害があったり全ての指がない状態、両下肢の機能に著しい障害があったり全ての指がない状態、体幹機能障害により自力で座ったり立ったり出来ない、前記と同程度以上の障がいや病状(内部障害など)があり長期にわたる安静を必要とし日常生活の自立が困難である、精神障害があり前記と同程度以上のもの等々。

 

自分の力で日常生活を送ることは非常に難しい状態です。誰かの助けなしには生活できません。

     f:id:himawari0growing:20180115201812p:plain

予期せぬ事故により脊椎損傷からこのような状態になることはあり得ますし、脳梗塞により体幹や両上下肢を動かすことが出来ない障害を負うことも考えられます。

誰でも明日にはこのような状態になる可能性は十分にあり得ます。

 

②身体障がい者等級2級とはどのような状態??

長期にわたる安静が必要な状態で、日常生活に著しい制限が生じるものを言います。

必ずしも介護が必要というわけではありませんが、自分の身の回りの世話は非常に困難であり、活動の範囲は家庭内に限られるであろう状態です。

 

具体的に言うと・・・

両目の視力の和が0.05~0.08、両耳の張力が90デジベル以上のもの、平衡機能に著しい障害がある、咀嚼や音声、言語機能に著しい障害があるもの、両上肢の親指と人差し指または中指がないか機能しない状態、片方の上肢に著しい障害があったり指がすべてない又はそれと同等の状態、両足指がない状態、片方の下肢に著しい障害があったり足関節以上がない、歩けないほどの体幹機能異常、前記と同程度以上の障がいや病状があり長期にわたる安静を必要とし日常生活の自立が困難である、精神障害があり前記と同程度以上のもの等々。

 

こちらもいつなん時何があってこうなるかわからない状態です。

自分でできることが多少あると言っても、かなり生活に制限や不自由さが生じます。

   f:id:himawari0growing:20180115202507p:plain

③身体障がい者等級3級とはどのような状態??

前回の記事で少しだけ話題になった「身体障がい者等級3級」。

障害の原因となる傷病により労働に制限がかかる状態を言います。

1.2級との大きな違いとして注目すべきは、日常生活ではなく「労働」に制限が出る状態を指していることです。

 

具体的に言うと・・・

 両目の視力が0.1以下になってしまった、40cm以上離れた人の話し声が聞こえない、咀嚼または言語機能に相当以上の障害がある、脊柱に障害がある、上下肢どちらかの2関節が機能しない、上腕、前腕、大腿、下腿の管状の骨に偽関節を残し運動機能に著しい障害を残すもの、片方の上肢の親指と人差し指がない又は親指若しくは人差し指を併せ片側上肢の指3本以上がない、親指と人差し指の他に片側上肢の指2本以上が機能しない、片側下肢の指の付け根から土踏まず前方以上で失ったもの、両足全ての指が機能しない、労働に著しい制限を必要とする程度の障がいが身体又は精神又は神経系統にある等々。

  

片麻痺があったりしてすんなり行動したりすることは難しいけど、何とか頑張って自力で日常生活はこなしています、ただ健常な人並みに働くことはほぼ無理、という状況ですね。

   f:id:himawari0growing:20180115202134p:plain

身体障がい者等級は全部で7級までありますが、ペースメーカー、人工肛門、透析、在宅酸素などを使用している場合他の傷病・障がい状況なども合わせると、身体障がい者1~3級に該当する場合があるなど、判断基準はここに挙げた以上に多岐に渡ります。

判断に迷った場合は指定医にお尋ねください。

 

 

④私が身体障がい者等級1級~3級に該当した場合に受けられる公的支援

我が家の家族構成は、私(年金はきちんと払っています)、マイダーリン、小学生と幼児の子どもです。

障がい者等級1級~2級

障害基礎年金

障害厚生年金

児童扶養手当

特別障がい者手当

災害遺児等扶養手当

自動車事故などにより重度後遺障害を負われた方への介護料支給

その他医療費や税金の割引・助成などがあります。

  

障がい者等級3級

障害厚生年金

その他医療費や税金の割引・助成などがあります。

    f:id:himawari0growing:20170916212417p:plain

障がい者等級1級・2級と3級では、受けられる支援の内容にずいぶんと開きがありますね。

その根拠として、日常生活すら困難を要する1級・2級は「特別障害」または「重度障害」と表現されることもあります。

 

 

「特別障害」「重度障害」とはどんな状態の事なの?

税制上の「特別障害者」や身体障害者雇用促進法の「重度障害者」が身体障害者福祉法に基づく1級又は2級に相当するものを準用しており他制度においてもこれにならう例が多いことから、一般的には身体障害者福祉法の1級、2級該当者を重度障害者とみなすのが通例のようである。

 引用元:特集/重度障害者の介護 重度障害者の介護―行政の対応

 

 

【重度障害者の定義】障害者雇用における重度障害者は障害者雇用促進法に明確に定義づけられています。その定義は以下のとおりです。

身体障害者で次のいずれかの場合
・等級が1級、2級の人
・等級が3級で重複の障害がある人

知的障害者で、次のいずれかの場合
療育手帳で程度が「A」とされている。
児童相談所又は知的障害者福祉法に規定する知的障害者更生相談所、療育手帳の「A」に相当する程度とする判定書をもらっている。
障害者の雇用の促進等に関する法律に規定する障害者職業センターにより「重度知的障害者」と判定されている。

  引用元:障害者雇用コンサルティング|株式会社FVP

 

⑤保険会社が定める「重度障害」は上記とは違う場合があります!!

前回の記事にも記したように、上記で示した重度障害よりもより重い状態である「高度障害」に相当する内容を、「重度障害」となぜか表記して高額な一時金を表記している保険会社もあります。

保険会社の書類をじっくり読んでみると、重度障害の状態にプラスして「機能を永久に失ったもの」や「回復の見込みがないもの」と書いてあります。

重度障害の状態で、今後少しでも回復する可能性を否定しなければならないなんて、ご本人や家族にとって相当辛い状況ですね。

 

しかし保険会社によってはこの記事で示した「重度障害」になってしまった場合に対する補償をする保険があるところもあります(多分少ないですが)。

 

気になる方はいま一度ご自分の保険内容をご確認ください。

 

 

まとめ

障がいを持つということはご本人にも家族にとっても大変なことです。

しかし看護師として働いてきた経験から、若いうちからこのような状況にな人は決して少なくない・珍しくないのだということも知っています。

なんとか現在の健康状態を維持しつつ、しかし私になんかあったときにマイダーリンがこれを読んで行動できるようにここに記しました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。