発達障害持ちの子と家族みんなが楽しめるお出かけ情報(主に神奈川)&借金返済(任意整理)・副業体験談

①発達障害がある子供と家族のお出かけ&遊び情報、②借金返済体験談。のはずが最近は借金返済の話題が中心の雑記ブログ

看護師として週末夜勤をするために面接に行ってきました

先日、派遣ナースではなく特定の施設で週末だけ夜勤をするため看護師求人サイトを利用したと書きました。

今回はC社からお誘いがあった施設で面接してきたことを描きたいと思います。
himawari0growing.hatenadiary.jp

 

面接にあたっての持ち物

事前にメールで持ち物の指定をされました。

  • 写真付き履歴書2部(施設用とC社用)
  • 正看護師免許証コピー(施設用とⅭ社用)
  • メモ帳
  • 筆記用具
  • 今後のスケジュールが分かるもの

あと、持ち物ではありませんが「スーツまたはそれに準ずる服装でいらしてください」とのことでした。

 

面接の約束は11時

   f:id:himawari0growing:20171014220215p:plain

Ⅽ社から、施設側と11時に約束が取れたとの連絡がありました。

しかしⅭ社の社員の方は施設前に10時40分に待ち合わせしましょう!と言ってきました。

20分前には到着し打ち合わせでもするのでしょうか?

それとも遅刻対策でしょうか?

まぁ、しませんけどね!

最後に車で行っても良いと施設側が言ってくれているとのこと。

えっ、いいんですか?ラッキー♪

 

そんなこんなで、ちょっとだけ道に迷いましたが約束当日の10時40分ちょうどに施設駐車場に到着しました。

待っていたのは年が近そうなスーツ姿の男性。

「〇〇さん(←私)ですか?初めましてⅭ社の△△です。この度はⅭ社にお仕事紹介の相談をしていただきありがとうございます」

と、お辞儀をしてとっても礼儀正しく挨拶してくれました。

穏やかで優しそうな人です。

 

いえいえ、こちらこそ。遠いところからご足労ありがとうございます。

 

「早速ですが、Ⅽ社用の履歴書と看護師免許証をいただいてもよろしいですか?」

はいはい、どうぞ~。

 

施設の駐車場で私の履歴書を「なるほどー」と呟きながらじっくりと見るⅭ社の社員さん。

当たり障りない世間話をしていると、あっという間に10時55分になりました。

 

面接前のお約束

施設玄関でインターホンを押す前にⅭ社の社員さんが「面接時にこれだけは守ってください」と言いました。

  • 笑顔でいる事
  • はっきり聞こえる声で話すこと
  • 相手が話してる途中で話し出さない事

 

「まぁ、当たり前のこと過ぎるので大丈夫ですよね」とニッコリ笑顔のC社社員さん。

そうですね。

   f:id:himawari0growing:20171014221320p:plain

 

面接開始

施設のインターホンを鳴らし、出迎えてくれた職員さん達にお辞儀をしご挨拶。

その後応接室に案内されました。

新しく広い綺麗な施設です。

しばらくすると副施設長さんが来ました。

優しそうなおじさんです。

C社社員さんと私は立ち上がり深々とお辞儀をしご挨拶。

C社社員さんと副施設長さんは初対面だったらしく名刺交換をしていました。

席に促され座ると同時に履歴書を提出しました。

副施設長さんはそれを見ながら施設の説明をしてくれました。

  • 施設の特徴
  • 看護の対象となる利用者さんの特徴
  • 看護師の主な業務
  • 勤務時間
  • 急変時の対応

などなど。

 

C社社員さんもどんどん質問します。

  • 時給は?(いきなりそこ!?私の立場ではなかなか聞けないので助かりました)
  • いつから勤務可能か?
  • 夜勤開始前に慣らし勤務として日勤勤務はあるのか?
  • 制服はあるのか?それともナース服は持参するのか?

などなど。

なるほど私は気づかなかった疑問が次々と出てきます。

さすがです。

 

時給は1.900円で、夜勤は1回約32.000円

勤務は10月半ばからで、10月中は日勤業務をして施設の様子を見てほしいとのことでした。

看護師も施設の制服を着るためナース服はいらないけど、靴だけは持参してほしい。

ただしナースシューズではなく白スニーカーにしてね(←えっ。買わなきゃ!)

 

はい!分かりました!!

 

施設内を見学

副施設長さんが面接後に施設内を案内してくれました。

すれ違う職員さん達皆さんが笑顔で挨拶してくれました。

これって結構大事なことですよね。

単発派遣ナースとして色々な施設に行きましたが、やはり良くないことをしている施設って後ろめたい気持ちの表れなのかほとんどのスタッフが笑顔で挨拶できません。

なので今回は安心しました。

    f:id:himawari0growing:20171014220858p:plain

副施設長さんは「是非来てください」って言ってくれたし、こちらこそ是非是非!という感じです。