読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろんな遊び場に発達障害がある我が子とお出かけしよう♪副業もいっぱいして明るく楽しく生きてやる!

①発達障害がある子供と家族のお出かけオススメ情報、②借金返済のための副業体験談を中心としたブログです。代々の家業が破綻して旦那は自己破産。それを補おうと気がついたら私も借金まみれ…グチは云うまいこぼすまい これが私の生きる道。でも弱気になることもあるさ。30代看護師。顔をあげて進みましょう!!

四季の森公園に行ってきました。発達障害がある子供と楽しむポイントをまとめてみました

 横浜市緑区にある四季の森公園。療育手帳があれば駐車場代は無料です。車は南口駐車場に停めました。ちなみに本日はゴールデンウィーク中の休日。すぐそばの中原街道は渋滞していました。みなさん、この先のズーラシアに行こうとしているのかな?

 公園の地図です。かなり広いです。

f:id:himawari0growing:20170503140401j:image

 駐車場横の南口広場につくと芝生が広がり中心に高台がありました。そばに売店もありました。飲み物やおやつに困った際はこちらで買えそうです。
f:id:himawari0growing:20170503104623j:image

 高台から東京方面がよく見えました。下に並んでいる列はジャンボ滑り台に並んでいる人達です。5分ほど並んで我が子達も挑戦しました。長いですが急激にビューンって行くタイプの滑り台ではないので怖くないです。
f:id:himawari0growing:20170503104839j:image


f:id:himawari0growing:20170503133852j:image

 滑り台を滑りきると野外広場に到着。ラジコンしたりサッカーボールを蹴っている子がちらほら。
f:id:himawari0growing:20170503110051j:image

 その先にあるじゃぶじゃぶ池です。サンダルできていた我が子達は、早速足をつけて遊びました。水はとても冷たかったとのことです。我が子達以外のチビッ子は「いいな~」と言いながら遠巻きから見ていました。まぁ、まだ5月だしね…
f:id:himawari0growing:20170503110451j:image

 じゃぶじゃぶ池の下流にもせせらぎがあり、こちらにも入ることができます。こちらでは水に入って走り回るチビッ子がいっぱいいました。一部には落ち葉がいっぱい浮いてました。


f:id:himawari0growing:20170503114110j:image

どこからともなくカエルの鳴き声も聞こえます。
f:id:himawari0growing:20170503111953j:image

岩によじ登るのも楽しそうな子供達。落ちにいように注意して遊んでね!
f:id:himawari0growing:20170503112134j:image

私はというと、横にある丘陵の芝生に座り込み遠くから子供達を眺めていました。
f:id:himawari0growing:20170503112230j:image
 お腹がすいたという食いしん坊の二番っ子のために水遊びを切り上げ、坂道を下り北口広場に降り立ちました。広場横のはす池の上には大小様々な色とりどりの鯉のぼりが泳いでいました。

f:id:himawari0growing:20170503121806j:image
 亀が石の上で日向ぼっこ。
f:id:himawari0growing:20170503123428j:image

池の横の散策道。
f:id:himawari0growing:20170503123603j:image
 鯉のぼりの下をくぐれます。
f:id:himawari0growing:20170503123528j:image

 はす池の横を通り抜けると春の草原という広場に出ました。菜の花がいっぱい咲いていました。広場ではバドミントンやフリスビーをする子達で賑わっていました。
f:id:himawari0growing:20170503123814j:image

 先に行くとある、あし原湿原。ちょっと道が狭いです。

f:id:himawari0growing:20170503124107j:image


f:id:himawari0growing:20170503124559j:image

 ずんすん歩いて行くとほとんど人を見なくなりました。
f:id:himawari0growing:20170503124814j:image

 113段あるという階段を数えながら上りました。ちゃんと113段ありましたよ!
f:id:himawari0growing:20170503125644j:image

 ちびっこ広場に着きました。やはり人がほとんどいないです。遊具はありませんでした。とりあえず鬼ごっこをしました。
f:id:himawari0growing:20170503130623j:image

 今度は紅葉の森を歩きました。本当に誰もいない…
f:id:himawari0growing:20170503132003j:image

 その後再び階段を登り、南口広場に出ました。階段の上り下りが多くてヘトヘト。もう一回水遊びがしたいという二番っ子の要望で再びじゃぶじゃぶ池とせせらぎに行きました。

 

 散策してみて分かったことは、この公園は一部に人が集中し、他はゴールデンウィークの休日であるにも関わらずほとんど人影がないということです。集中している場所は、主に南口広場から北口広場の間と、春の草原です。親子で来てテントやシートを広げて、水遊びや滑り台、広場でボール遊びをして過ごす人で賑わっています。それ以外のほとんどの散策路は、私達以外いないよね~的な雰囲気でした。

 以下、私なりの障害がある子供とその家族が楽しむためのポイントです。

①ジャンボ滑り台の利用時は並んで待ちましょう

②水遊びをしそうな場合は、じゃぶじゃぶ池の方がすいています。せせらぎもいいですが岩から飛び降りたりする際には自他共に怪我に注意です。絶対に石を投げないよう注意しなければいけません!タオルと着替えは持参しましょう。

③車椅子の方用の散策路もありますが、起伏が激しい公園で階段が多いです。落ち葉で滑りやすくなっています。体幹や歩行がしっかりしているお子さんじゃないと危険かもしれません。

④とにかく広いし、急勾配な場所もあります。散策時は途中で弱音を吐かない、疲れても自力で歩ききれるお子さんじゃないと付き添う大人は大変でしょう。

 

 以上、順番を守れる、危険なく水遊びができる、自力で長距離を歩ききれるお子さん向けの公園かと思います。

 皆さんの休日がより良いものになりますように…